プロの試合の楽しみ方  ピックバン編

LoL
02 /20 2017
こんな大それたこと書いてますが
僕の自己流なのでたぶん万人にあてはまるわけではありません
あしからず(´・ω・`)


まずプロの試合はドラフトピックです
バンは3バンから5バンに変更され
お互いに3体選んだらレッド側からバンしていく
選び終わればレッド側の4体目といった形

ここがたぶん一番楽しいところ

今のメタはトップがタンクを選び
ジャングルがダメージを担当します
ADCはダメージ重視よりCC持ちが優先
サポートはザイラを筆頭としたメイジが好まれる
ミッドはいつも通り荒れ模様
といった様になっています

一応僕なりに考えた理由を添えておきます
まず脅威というシステムのおかげでADアサシンがやばい
そのためジャングルが試合を転がすメタへと変化
プロの試合ではエンゲージ、イニシエートはかなり重要な役目なので
それを担うのがトップになる
アサシンが強いのでADCは活躍がしづらいのでサポート寄りへ
アサシンが強いのでサポートは安全に茂みを確認できるチャンプが好まれる傾向
もしくは最強フォーカス切るマンのタムケン
こんな感じでアップデートの影響をもろに受けてると思います

そこからブルー側(左、ゲーム画面では下側)とレッド側(右、ゲーム画面では上)の
ピックバンでの差を少し説明

ブルー側は最初にバン漏れしたOPチャンプを取れる
レッド側はどこか一つのレーンを確実にカウンターできる
といった利点を持っています

なのでレッド側のバンというのは固まりやすく
マストバンといったものが選ばれます(最初の一体をブルー側が握るため)
対してブルーはそこから漏れるとやばいもの(準OP)
もしくは相手の使い慣れたチャンプをバン出来ます

なので最近の試合の3バンは
ブルー側 ジェイス、カジックス、ザイラ、マルザハールなどの強チャンプや
     前の試合でボロカスにやられた相手のお気に入りチャンプ

レッド側 カミール、レンガー、ルブラン

になるのをよく見ます

そこから最初の3体をピックします
ピックするのはジャングル、ADCかサポート、トップかミッドになるのがセオリーかな
例 カジックス、ジン、コーキ

トップかミッドはソロレーンですのでカウンターの影響をもろに受けます
なのでできる限り後ろになることが多いと思います
しかしOPチャンプはできる限り早く取りますけど(´・ω・`)

次に二回目のバンで片側で2体選べます
合計4体
そこでは余ったロールのバンになります
上の例の続きなら余りはサポートとトップですね

そこではかなり個性が出ていたりしてかなり面白いです
相手はカシオペアがうまいからバンしようとか
こっちマオカイとったからランブルバンしようとかいろいろです

この結果最初の3ピックに選択肢の少ないADCが入りやすくなっていると思います
現状アッシュ、ジン、ヴァルスが三強?なのでバンで狙われるとかなり絞られますよね
なので二回目のバンの前に取っとこうとなるわけです

逆に選択肢が恐ろしく広いミッドなどは残されます
なのでそこからOP削ったりした後のピックなのでかなり新鮮なのが出てきます
個人的に今ピックバンで一番熱いロールですね(´∀`)


ここまでお互いの選択肢を削り合い作戦を練り上げるわけですね
スプリットが強い編成だとか序盤からガンクを決めまくるだとかね


ここからやっと試合開始するのです


さてここまで長々と説明したのでたぶんみんな注目してみてくれるはず
そこのピックバンを飛ばしているあなた!
損してますよ(´・ω・`)
各チームの性格が出る超見どころですので
一度真剣に見て激ハマりしてください(´∀`)

ワールドに近づいてしまうとピックが固まってつまらんことが多いので
今の混沌とした時期を楽しみましょう(`・ω・´)
スポンサーサイト

なんか最近

LoL
02 /20 2017
見てくれる人がかなり増えている(´∀`)
うれしいことだね(`・ω・´)


それでもいつも通りの何ともない話ですよ

最近のlolはスプリングシーズンなので
各リージョンで大会が行われていますね
中でも注目したいのはNAとKR

ではまずNAから
ここで一番注目したいのはFLY
C9の古参たちが基幹になっているチーム
私はC9ファンボですが
元の元はHaiのファンボなんですよね
本人が引退だって言ってたので仕方ないとあきらめていたのですが
ここにきてフッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!
そうして私は今シーズンFLYファンボへと変化するのであった
Let's go FLY Quest!!

FLYのバンはかなり特殊でカミールはほぼ絶対(Ballsが扱えないから)
しかし他のマストバンであるレンガーかルブランをバンしないんですね
ルブラン対策にHaiは絶対の自信があるらしく
カウンターにゼドを出したりOPであるコーキをピックしたりします
実際それで勝ちを重ねているから恐ろしい


KRはROXが散り散りになってしまったシーズン
その中でも注目を浴びていたSmebの移動先はなんとKT
そのKTは今シーズン大収穫で
Top Smeb
JG Score
Mid Pawn
ADC Deft
SP Mata
とどこをとっても一度は最強と謳われた選手ばかりです
実際今大会の戦績もかなり良いです
僕自身は一番注目しています

しかしKRと言えばSKT
こちらも懸念材料だったJGに元ROXのPeanutを連れてきて
万全の体制
それに加えTopに超有名なHuniも
本当に万全ですね
しかし今はジャングルアサシンメタです
Topはタンクを選択することが多くなるので
また違った選手が注目を浴びるかもしれませんね!
出てこい新世代
打倒SKT!


とにかく今期は楽しめそうです
KTかSKTかはたまたSSGのようなダークホースが現れるか


このようにLoLをする時間はたぶん結構減ってますが
大会はまた別なのでたのしんで見ています

うまくなりたい人はたぶん見た方がいいと思う
理由として
どんな時間にどこにワードを刺すのか
ジャングルの回る速度、時間がわかる
ミニオンウェーブの重要性、オブジェクトの取り方
などいろいろ知るきっかけになります
最終自分で行動してものしないと変わらないものですが
キッカケにはね。十分だと思います


みんなも見よう!





LoL語るのやめようかと感じた出来事

未分類
02 /18 2017
今日アラムしてました
一応勝った試合なんですが
こっちの構成が
ガレン、アッシュ、ラックス、ムンド、ヤスオ
相手の構成が
コグ、ベイガー、ノーチ、トリス、フィドル
だったんですね

試合時間は35分越えました( ゚д゚ )

案の定コグ、ベイガーが暴れまわりました
たしか最終アッシュガン守りで勝ったはず

その後敵のノーチがいきなり語り出しまして

まずアッシュのビルドにケチをつけだしました
初手血剣は煽りビルドだ!
不快極まりない!
とか言い出しました

ここで僕は思うわけです

人のビルドにケチつけるってどんな精神してんの?しかも敵よ

もし本当に煽りビルドだとしましょう(涙ガン積みとか)
だとしても負けてそれ言うと恥ずかしくないんすか?ってなる

だったらちゃんと勝って
「煽りビルドなんかしてるからだよこのks」って言ってやればいいのに
敗者はなにも語らない方がいいと思いました


その次に構成差があるから負けても仕方ないと
たしかにタンクたちへのポークはサステインで効果薄いけど
スタンなどのCCが少ないのでコグマウを仕留めるのに難儀する
レイトになるとベイガーの一撃で溶ける
とレイトに有利な構成をしていたにもかかわらず
レイトゲームで負けている
構成で言うならそっちの方が有利じゃありませんでした?



とにかくまとめとして僕が心に決めたこと

・味方、敵を煽らない(そもそもしてない)


・自分の主義主張を押し付けない、持論を展開しない


大切ですね


ちなみに私がチャットするときというのは
褒めてもらった時とその人がしていたビルドの使い心地を聞くときなどですね
例: ・ty(Thank youの略)
  ・ダークシールシンジつよいっすか?

環境変わったね

LoL
02 /10 2017
今日はLoLが話題
今回のパッチでジャングルで大暴れしてた勢にナーフが来たよ
レンガーにゃんに関してはたぶん戦闘の立ち回り見直しだよ
しかしレンガー使い達からすれば元のレンガーに近くなった上
必須BANから外れたであろう、なので逆にうれしいのでは

次からはリーシン、グレイブス、エリスなどが元気になると思われる
ニダリーももしかしたら復帰かね?
どちらにせよ使えないのでどうでもいいのですがね(`・ω・´)

ヴァイに関しては基礎ステにナーフ食らってるから数値以上に痛いと思いますよ
アイバーンはもしかしたらもう見ないのでは(´・ω・`)

カミールは当然の報い
ルブランはそこじゃない感
ジェイスはヤメロメロメロ(ナルトス並感


アサシンアップデートの傷は深いようですね(´・ω・`)
そもそもアサシンに帰ってくる手段を!の意味が不明だからね( ゚д゚ )


カタリナ練習しよ(`・ω・´)

ひこな

シャドウバースでマスター目指す人