スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他カードゲームからシャドバへの移住を考えている方へ 2

シャドウバース
01 /11 2017
今回は他カードゲームからの移住を考えている人向けの
各リーダー(職業のようなもの)説明をしたいと思います
特徴すべてはやってみないとわからないと思いますので
とっかかりだけの説明になりますがよろしくお願いします
一応現状でのおすすめ度と強さの評価を5段階評価で置いておきます
(おすすめ度にはデッキの組みやすさも含まれます)

・エルフ
ターン中そのカードの前にPP(マナのようなもの)を使ったカードの使用数によって
効果を得るという特徴を持ったフォロワーが多くいます
デッキは基本的にアグロ(低レベルビートダウン)に偏りやすいが
リノセウスというカード使用数分攻撃力が上がるというフォロワーにより
バーストダメージにも期待ができる
現状での強さ:5
おすすめ度:4

・ロイヤル
カードに職業が割り振られており
それぞれ効果を与えたり得られたりする
デッキは基本的にミッドレンジ(中レベルビートダウン)になりやすく
盤面で有利を取ることに長けている
極端に不利な相手が居ないことが利点
現状での強さ:4
おすすめ度:2

・ウィッチ
スペル(魔法カード)を使用しただけ効果を得るスペルブーストを持つカードが特徴
使用しただけコストが減ったりする
デッキは基本的にミッドレンジになりやすい
ドロシーという化け物の追加によりドローブーストとスペルブーストを
両立させるドロシー入りテンポ(盤面制圧)デッキが猛威を振るう
今の環境デッキでメタも多数存在している
現状での期待度:5
おすすめ度:5

・ドラゴン
7PPから効果を得る覚醒を持つカードが特徴
デッキは基本的に高コストデッキになりやすく
カードの効果でPPの上限を増やしたりして対応する(ランプドラゴン)
カード間のシナジーがあまりない代わりにカード自身のパワーが半端なく
トップ解決が多い
バハムートという裁きの龍のようなカードがあるが
今流行りだした墓地効果デッキに対して有利を取りづらいので
最近少し厳しいかも
現状での強さ:3
おすすめ度:1

・ネクロマンサー
墓地の数に応じて効果を得るネクロマンスを持つカードが特徴
デッキはかなり幅広く、アグロもミッドレンジもできる
主流はミッドレンジ
遊戯王勢なら馴染みがあるであろう彼岸のようなデッキが強い
つまり墓地に送られれば効果が発動するカードが多い
それのエンジンとしてネフティスというカードが追加され
注目を浴びている
現状での強さ:4.5
おすすめ度:4

・ヴァンパイア
自分のHPが10以下になったとき効果を得る復讐をもつカードが特徴
デッキはアグロが主流だがメタデッキとしてコントロール(長期戦デッキ)もある
バーン効果が多いので相手にじわじわと有利を取ることができる
コントロール型は上記のドロシーテンポデッキのメタとして注目されているので
期待度大
現状での強さ:5
おすすめ度:4

・ビショップ
数ターン経過後効果を発動するアミュレット(永続魔法が近い)が特徴
デッキの幅が広い上に全く違う動きになるので
相手にするときは見極めが肝心
特殊勝利を持つカードがある上かなり現実的に発動できるのでよく戦う
前環境では破壊的だったらしいが今では少し落ち着いた?
現状での強さ:4
おすすめ度:5


これですべて説明し終えたのですが
評価で2、1がかなり少ないのには理由があって
基本的にどのリーダーも強いのです
遊戯王のように環境デッキに勝つにはかなりのデッキパワーがないとダメ
ということがなくどのリーダーを主軸にしてもいいと思います
しかしカードはいわゆるガチャでためるかいらないカードを売って
必要なカードを買うかなのでおすすめかそうでないかはかなり分かれる気がします
例えばドラゴンの強デッキには最高レアカードがたくさん必要になったり
ヴァンパイアの主流デッキには最高レアが必要でなかったりします

これをみて移住するときにどれを主にするかの参考にしていただければ幸いです
個人的なおすすめはドロシーウィッチを作った後余裕があればアグロヴァンパイア
を作っておくのが現環境では良いと思います


長くなりました
お疲れ様です

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ひこな

周子P
最近はポジパに魅了されつつある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。