FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの試合の楽しみ方  ピックバン編

LoL
02 /20 2017
こんな大それたこと書いてますが
僕の自己流なのでたぶん万人にあてはまるわけではありません
あしからず(´・ω・`)


まずプロの試合はドラフトピックです
バンは3バンから5バンに変更され
お互いに3体選んだらレッド側からバンしていく
選び終わればレッド側の4体目といった形

ここがたぶん一番楽しいところ

今のメタはトップがタンクを選び
ジャングルがダメージを担当します
ADCはダメージ重視よりCC持ちが優先
サポートはザイラを筆頭としたメイジが好まれる
ミッドはいつも通り荒れ模様
といった様になっています

一応僕なりに考えた理由を添えておきます
まず脅威というシステムのおかげでADアサシンがやばい
そのためジャングルが試合を転がすメタへと変化
プロの試合ではエンゲージ、イニシエートはかなり重要な役目なので
それを担うのがトップになる
アサシンが強いのでADCは活躍がしづらいのでサポート寄りへ
アサシンが強いのでサポートは安全に茂みを確認できるチャンプが好まれる傾向
もしくは最強フォーカス切るマンのタムケン
こんな感じでアップデートの影響をもろに受けてると思います

そこからブルー側(左、ゲーム画面では下側)とレッド側(右、ゲーム画面では上)の
ピックバンでの差を少し説明

ブルー側は最初にバン漏れしたOPチャンプを取れる
レッド側はどこか一つのレーンを確実にカウンターできる
といった利点を持っています

なのでレッド側のバンというのは固まりやすく
マストバンといったものが選ばれます(最初の一体をブルー側が握るため)
対してブルーはそこから漏れるとやばいもの(準OP)
もしくは相手の使い慣れたチャンプをバン出来ます

なので最近の試合の3バンは
ブルー側 ジェイス、カジックス、ザイラ、マルザハールなどの強チャンプや
     前の試合でボロカスにやられた相手のお気に入りチャンプ

レッド側 カミール、レンガー、ルブラン

になるのをよく見ます

そこから最初の3体をピックします
ピックするのはジャングル、ADCかサポート、トップかミッドになるのがセオリーかな
例 カジックス、ジン、コーキ

トップかミッドはソロレーンですのでカウンターの影響をもろに受けます
なのでできる限り後ろになることが多いと思います
しかしOPチャンプはできる限り早く取りますけど(´・ω・`)

次に二回目のバンで片側で2体選べます
合計4体
そこでは余ったロールのバンになります
上の例の続きなら余りはサポートとトップですね

そこではかなり個性が出ていたりしてかなり面白いです
相手はカシオペアがうまいからバンしようとか
こっちマオカイとったからランブルバンしようとかいろいろです

この結果最初の3ピックに選択肢の少ないADCが入りやすくなっていると思います
現状アッシュ、ジン、ヴァルスが三強?なのでバンで狙われるとかなり絞られますよね
なので二回目のバンの前に取っとこうとなるわけです

逆に選択肢が恐ろしく広いミッドなどは残されます
なのでそこからOP削ったりした後のピックなのでかなり新鮮なのが出てきます
個人的に今ピックバンで一番熱いロールですね(´∀`)


ここまでお互いの選択肢を削り合い作戦を練り上げるわけですね
スプリットが強い編成だとか序盤からガンクを決めまくるだとかね


ここからやっと試合開始するのです


さてここまで長々と説明したのでたぶんみんな注目してみてくれるはず
そこのピックバンを飛ばしているあなた!
損してますよ(´・ω・`)
各チームの性格が出る超見どころですので
一度真剣に見て激ハマりしてください(´∀`)

ワールドに近づいてしまうとピックが固まってつまらんことが多いので
今の混沌とした時期を楽しみましょう(`・ω・´)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ひこな

周子P
最近はポジパに魅了されつつある

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。